内田真礼さんのライブに行ってきました!

どうも皆さん、こんにちは、とらです。
先日7/1(土)に内田真礼さん初の野外ライブとなる
「UCIDA MAAYA LIVE 2017 +INTERSECT♡SUMMER+」
に参加してきました。
今回はそのライブの感想を一人のファンの視点からお伝えしていこうと思います。

 

【注意】
自分は少なからず内田真礼さんという声優さんにガチ恋をこじらせているため、読んでいて不快に感じられるところがあるかと思います。それでも大丈夫という方のみ読んでいただければ幸いです。

○イベント概要
内田真礼さん5thシングル「+INTERSECT+」の発売を記念した初のワンマン野外ライブの東京公演
【日時】2017年7月1日(土)
【会場】日比谷野外音楽堂
【時間】18:00〜20:20

まずはライブがはじまるまでのその日の出来事なんかを話していこうと思います。
突然ですが、ライブの楽しみのひとつといえば、物販ですよね!
今回の物販は12時からの予定でしたが、確実にグッズを確保するために始発で日比谷公園まで向かいました。僕は6:30ごろ会場に着いたのですが、すでに40人近くの物販待機勢が並んでいました。

その日は天気が悪くときおり雨が降っていました。地面も濡れていてずっと立ちっぱなしだったため、あのときほど折りたたみのイスを用意するべきだったと思った瞬間はありません…次回からは折りたたみのイスを持っていくようにします(戒め)

物販が始まるまでの約5時間を真礼さんの曲を聴きながら過ごし、ついに12時となり物販スタート!目当てのグッズを購入し、せっかく日比谷公園に来たのだからと少し散歩をしました。

f:id:tora_su_um:20170706034138j:image

購入したグッズです。


公園内を歩いていると、休むのにちょうど良いベンチを見つけ、優雅に池を眺めていました。

f:id:tora_su_um:20170706034159j:image


さすがに5時間も外で立ちっぱなしだったため、物販待機での疲れからか、ベンチでウトウトしていると気付けば14時。
近くのコンビニで腹ごしらえをしライブに備えます。

 

コンビニから日比谷公園に戻ってくると、なにやら音楽堂の方から真礼さんの声が聴こえてくるではありませんか。
おそらくライブ直前のリハーサルだったと思うのですがこんなに音漏れするものなのかと驚きました。
(真礼さんの声だ…生の真礼さんの声が聴こえてくる…いよいよ真礼さんに会えるんだ…)
真礼さんとライブに思いを馳せていると、入場待機列形成のアナウンスがされました。

 

そんなこんなで、17時。会場時間となりいよいよライブも目前です。

会場に入り、自分の席を見つけましたが、予想以上の近さに驚きました。C列でも十分ステージの様子が確認できる距離です。もしこれがA列だったらあまりの近さに失神していたと思います。

 

話は少しそれるのですが、今年の4月から大学生となり、時間の余裕ができたため、いろんなイベントやライブにこの3ヶ月で参加しました。
某声優さんの接近イベントや、LiSAのライブ。どれも楽しいイベントでしたが、野音では明らかにそのときとは別の感情を抱えていました。

というのも、久しぶりの真礼さんのソロライブに緊張しているのか、興奮しすぎているのか、ライブが始まってもいないのに涙がこぼれるくらいには落ち着かないでいました。
(これが本命のライブに参加するということなのか…)
このライブに参加することが決まってから、ずっとこの日を生きる希望として過ごしてきました。
(真礼さんも楽しみにしていたライブなんだ。真礼さんやスタッフの方々もこの日のためにいろんな準備をしてくれているんだ。だったら自分も全力でライブを楽しもう…)
いろんなことを考えていると、ついに、真礼さんのライブがはじまりました…!!

 

ステージ中央にあるモニターからオープニング映像が流れます。その映像の説明をしますと、内田真礼さんとデートしている気分になれるというものでして、それはそれは…犯罪的なまでの可愛さでした。
あの映像は真礼さんのこと好きな人は絶命に至るな、と思いました。
というのも今回のライブのテーマが「デート」。
「デート」ですよ?「内田真礼さんとのデート」。こじらせオタクからしてみれば胸が痛くなるテーマですよ。
いやー、ずるい。ずるいよ真礼さん。こんなの見せられたら真礼さんと付き合いたくなるよ。
僕だけではなく、あそこにいたファンの大半が内田真礼さんと付き合いたいと思ったでしょう。

 

この世の可愛い要素をすべて詰め込んだようなオープニング映像も終わり、ライブタイトルが真礼さんによって告げられ、いよいよライブがはじまりました!
ライブの幕開けを飾る曲はライブタイトルにも使われている「+INTERSECT+」
赤いワンピースを着た真礼さんの可愛さに理解が追いつきませんでした。
「+INTERSECT+」は歌詞がホントにラブソングしてるし、良い曲なんですよ…

 

『戸惑えば戸惑うほど 深くなる想い
恋を運ぶ神様が 君を連れてきた
あぁ抱きしめたい そう思って背中を見てる
「好きだよ」
まだ言えないけど その瞬間はきっとくる』

 

僕「ま"あ"や"あああああああ!!すきだあああああああああああ!!(涙)」

可愛い真礼さんとライブ初披露の「+INTERSECT+」で会場は一気に盛り上がりました。

 

2曲目に披露されたのは「からっぽカプセル」。なるほど、「+INTERSECT+」でガチ恋をこじらせさせておいて「からっぽカプセル」でガチ恋を治療するというわけか…(つたわれ)
『君の感染経路 そもそもの話ワタシ』という歌詞も「+INTERSECT+」からの流れでしっくりきます。

 

そして3曲目「Shiny drive, Moony dive」。真礼さんソロ2ndライブで開幕を飾った曲です。真礼さんの可愛さは安定として、ここで僕が伝えたいのは真礼ダンサーズのダンスです。この曲のMVを見てもらえばわかると思いますが、ダンスがありえん可愛いんです…
個人的には『助手席はそう任せたよいざ進め』のところのダンスを推していきたい。
とにかく真礼ダンサーズありがとう、可愛いダンス最高でした…

 

ここでたしかMCを挟んだと思います。

 

真礼さん「いや〜、晴れましたね!」

 

それな!晴れてよかった!
朝から会場にいた自分から言わせてもらうと、本当に開演時間が近づくにつれて天気が良くなっていったんですよ。

 

真礼さん「今回は私内田真礼との『デート』がテーマとなってます。」

客席「Fuuuuuuu!!888888」

僕「はぁ〜?最高かよ…(頭を抱える)」

 

知らんぞポニーキャニオン。このライブでガチ恋こじらせオタクが増えても知らんからな?

 

真礼さん「そして今回のライブは夏を感じさせる曲も披露したいと思います!」

 

余談ですが高校時代ラブライバーだった僕は、2016年のクリスマスライブで真礼さんが「スノハレ」をカバーしたことを思い出し「わんちゃん夏色笑顔くるんじゃね?(笑)」的なことを考えてました。まぁ、結局こなかったんですけどね。

 

そして真礼さんが夏を感じさせる曲として最初に披露したのは
Sunny Day Sunday
センチメンタル・バスさんの曲です。
この曲について調べてみると、どうやら高校野球では定番の応援曲として使われているそうです。なるほど、野球が好きな真礼さんがカバーするにはぴったりな曲だったなって後々思いました。

 

次に披露されたのは「クロスファイア
クロスファイア」は野球をテーマにしている曲です。
Sunny Day Sunday」からの「クロスファイア」という流れ、これは野球という共通点があるということにこのブログを書きながら気付きました。
いやー、上手い。セトリの作り方が上手い。曲と曲との関連性がしっかりしてるなーと思いました。
2番終わりの『飛ばせ 飛ばせ 疾風の如く 打てよ 打てよ 火花を散らせ』というコールも会場一体となっててすごく楽しかったです。
ちなみに、間奏では真礼さんが客席に向かって水鉄砲で放水してました。僕も真礼さんに水かけられたかったな…

 

クロスファイア」で会場は大盛り上がり。その後披露されたのは再びカバー曲広末涼子さんの「大スキ!」


『とってもとっても とってもとっても
とってもとっても 大スキよ
ダーリン I like you. ダーリン いい いい』

 

想像してみてください、この歌詞ですよ?この曲を真礼さんが歌ったんですよ?やりやがったなポニーキャニオン。知らんからなガチ恋こじらせ(ry
それにしても可愛かったです、内田真礼さん。控えめに言って真礼さんのダーリンになりたいです。

 

真礼さんの可愛さに頭を抱えている間に次の曲です。
次の曲は「Moment」
2ndライブのときもそうでしたが、この曲を聴いていると幻想的な気分になるんです。ゆっくりめのテンポの曲ですし、ガチ恋こじらせたオタクを落ち着かせるにはぴったりですね。『もう少しだけワガママな恋していい?』という歌詞も「大スキ!」からの曲の流れを感じてすごく良いです。

 

次の曲は「TickTack…Bomb」
『キミと一緒に クルいちゃいたいな』この曲聴くたびにこの歌詞は卑怯でしょって思います。僕も真礼さんと一緒にクルいちゃ(ry
ここまでラブソングテイストな曲が3つ続きました。(果たしてラブソングテイストという言葉は存在するのでしょうか?)
真礼さんとの「デート」を感じることができる良いセトリだと思います。

 

ここでMCが入ったと思います。

 

真礼さん「せっかくだし写真を撮ろう!」

 

真礼さんの提案で写真撮影をしました。撮影は真礼バンドのバンドマスターである黒須克彦さんがしてくれました。

 

ファン「黒須さーん!」
ファン「黒須さんありがとう!」
ファン「黒須さんかっこいいよ!」
ファン「Fuuuuuuu!!!」

 

いや、おまえら黒須さん大好きだな。(わかる)
そんな黒須さんコールの中黙々と撮影する黒須さん面白かったです。

 

そして気付けば辺りも暗くなってきました。ステージ上のハイチェアに座る真礼さん、すごく綺麗でした。大人の女性の雰囲気が漂っていたというか、本当に綺麗でした。

 

真礼さん「皆と過ごせる時間は一瞬だけど、この素敵な景色もまた皆と一緒に眺めたいと思っています。」

 

良いこと言うなぁ…真礼さん…そんなこと言われたら泣くよ…(現に僕そのとき半泣きでした。)

そんなしっとりとした雰囲気の中披露されたのは「金色の勇気」
記憶が正しければ、アコースティックver.だったと思います。
「金色の勇気」に続いて「5:00AM」が歌われました。
真礼さんの歌う姿、とても綺麗だったよ…

 

その後ステージ中央モニターに流れた映像も内田真礼さんとの「デート」の終わりを感じさせるものでいよいよライブも終わりに近付いています…
ちなみに何度か映像流れたんですけど、その度に僕泣いてました。だって真礼さんとの「デート」とかもう言葉にならない良さがあるでしょ?(つたわれ)

泣いたり高まったりと真礼さんのライブは情緒が不安定になります。

 

静かになった会場に浴衣姿の真礼さんが登場。
ここでまたカバー曲お披露目です。
その曲は「夏祭り」
さっきからカバー曲強すぎませんか?
そろそろ真礼さんのカバーアルバム出ないかなぁ…

 

「夏祭り」に続いて披露されたのは「モラトリアムダンスフロア」
個人的な話をさせてもらうと、「モラトリアムダンスフロア」は2ndライブで生で聴いてとても大好きになりました。
ここでまた聴くことができて本当によかったです…
8月に2ndライブの円盤が発売されるので皆さん購入して「モラトリアムダンスフロア」を見ましょう。衣装がただただ可愛いので。

f:id:tora_su_um:20170706034543p:image

 

「モラトリアムダンスフロア」で会場はいっきに盛り上がりました。その盛り上がりに拍車をかけるように「ギミー!レボリューション」が歌われます。
ギミレボは安定で盛り上がる…それにしても「モラトリアムダンスフロア」からのギミレボはズルいでしょ…このセトリ強すぎる…
トドメを刺すように「Smiling Spiral」と続きました。
おい、ポニーキャニオン。誰だ?このセトリを考えたのは?心から感謝させてくれ。
「モラトリアムダンスフロア」
ギミー!レボリューション
「Smiling Spiral」
強い。この終盤3曲の並びの爆発力は強い。
このへんはただただ楽しかったです…会場もすごく盛り上がってました…ありがとう真礼さん…

 

そして気付けば最後の曲です。
最後の曲は「Hello,future contact!」
ライブをしめるにはぴったりの曲ですよね…今回のライブは一味変わって1番は南の島で流れる音楽のような雰囲気で歌われました。
僕はこの曲の何が大好きか言うと、この曲が歌われると会場がすごくカラフルに染まるんです。

「みんなの色を見せてください。」
1stライブで真礼さんが「Hello,future contact!」を歌う前に言った言葉です。
この曲は真礼さんの1stアルバム「PENKI」をしめくくる曲。つまりこの曲を歌うときは会場がペンキ色に染まるんです。(つたわれ)
僕の文章力ではこれが限界でした。()

「Hello,future contact!」を聴いたのは今回のライブで3回目なのですが、回数を重ねるごとに深みが増していくというか、どんどん良い曲になっているなーって思います。1stライブで真礼さんが泣きながら最後のサビを歌っていたのが今でも印象に残っています。真礼さん自身にとっても、僕たちファンにとっても思い入れが深い曲だと信じています。

 

「Hello,future contact!」で盛り上がりは最高潮に達し、ライブは終わりました。ですがこのまま終わり、なんてことはありません。

会場からはアンコールの代わりに「まあや!」コールが鳴り響きます。

 

しばらくするとまたモニターに映像が流れてきました。
「デートは終わったけど、寄り道したくない…?」という風なことを映像の中の真礼さんが言ってました。

 

映像が終わるととある曲のイントロが…
その曲は「創傷イノセンス
創傷イノセンス」が流れるところに寄り道ってどこに寄り道してるんだよ!!
にしてもアンコールで創傷イノセンスは予想外でした。会場の再熱の具合すごかったです。真っ赤に染まる会場で歌う真礼さんの姿、すごくかっこよかったです!

 

アンコールならぬ「まあやコール」にこたえてくれて、今回のライブTシャツを着た真礼さんが出て来てくれました!

 

真礼さん「このTシャツ、衣装さんがアレンジしてくれたんですよ〜(笑)」

 

おへそが!!真礼さんのおへそが見えそう!刺激が強すぎるぞ内田真礼!!(本当にありがとう衣装さん。)

 

真礼さん「ここで、新曲を披露したいな〜と思うのですが…」

会場「おぉ〜〜〜〜!?」

 

少なからずあの会場でサプライズゲストに某ヤバイ女性声優の登場を期待している人は少なくなかったと思います。

 

真礼さん「この日のために魔女パートの収録してきたんですよ〜(笑)」

 

某ヤバイ女性声優のサプライズ今回はありませんでした!!今年のアニサマでコラボしてくれることを期待しましょう。

その新曲は「魔女になりたい姫と姫になりたい魔女のラプソディー」
5thシングル「+INTERSECT+」のカップリング曲ですね。
皆さんこの曲、公式のコールで「まあや」と呼び捨てできる曲ですよ…
今回のライブでは某ヤバイ女性声優はいなかったためその人の名前を叫ぶところも「まあや」と叫んでいました。

楽しい曲も終わり最後のMCです。

 

真礼さん「今回のライブを通してもっと成長していきたい。」

 

成長してるよ…真礼さんはアーティストとしてどんどん成長してるよ…

 

真礼さん「今回のライブはせっかくこの野音で開催することができたので、とある曲を歌いたいと思います!」

 

ここで最後のカバー曲です。
RCサクセションさんの「雨上がり夜空に」
「雨上がりの夜空に」…今日のライブに本当にぴったりな曲だなって思いました。だって事実として雨上がりの夜空の下で真礼さんがこの曲を歌ってるわけですよ?そう考えればその日の午前中天気が悪かったのも演出かなって思えてきませんか?
曲自体も僕でも知ってる有名な曲だったので楽しむことができました。

 

そして、本当の本当にライブの最後の曲になりました。
最後の曲はライブタイトルにもなってる内田真礼さん5thシングル、「+INTERSECT+」
ライブの最初に歌われた「+INTERSECT+」では、泣きながら腕を組み、彼氏面していた僕でしたが、このときばかり腕を振り、声を上げ、最後の曲を楽しみました。

 

僕「あ"あ"あ"…まあやさん…大好きだよ…本当にありがとう…(涙)」

 

『愛を込めて この歌を君に贈りたい
交わった線の行く先は 二人で描こう
あぁ抱きしめた その温度はすこし切ない』

 

真礼さん「好きだよ!!!」

 

『君と一緒に その瞬間を奏でよう』


会場「うぉおおおおおおお!!!!」
僕「あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あまあやさんうわあああああああ!!(号泣)」

 

会場の鳴り止まぬ歓声、歓喜、感動、感謝。

 

真礼さん「今日は本当にーー!ありがとうございましたーーー!!」

 

会場「うぉおおおおおおお!!!8888888」
ファン「ありがとーーー!!!」
ファン「まあやちゃーん!!」
ファン「Fuuuuuuu!!」
ファン「だいすきだよーー!!」

 

一方僕「あああありがとうまあやさんほんとうにありがとうだいすきだよほんとうありがとうおおおおお!!(号泣)」

 

温かい拍手と歓声に包まれて内田真礼さん初の野外単独ライブは無事大成功しました。真礼さんとの思い出…また更新できたね…

 

 

 

あとがたり


いかがだったでしょうか?
文章力がないため非常に汚い文章になってしまいましたが、僕が感じたこと、伝えたいことを精一杯書いたつもりです。

 

繰り返すことになりますが、今回のライブのテーマは「内田真礼さんとのデート」でした。
振り返ってみると今回のライブでは「Distorted World」や「North Child」といったロックナンバーが披露されなかったのは、おそらく内田真礼さんの「可愛さ」を全面的に出したかったからだと思います。
そう考えると、デートのために可愛い自分を見せたいという風な、内田真礼さんの女の子らしさが伝わってくるような気がしました。

 

ここから少し自分語りになります。

今回の「+INTERSECT ♡ SUMMER+」が約4ヶ月ぶりの内田真礼さんのソロイベントでした。
一応僕は6月のアイドルマスターシンデレラガールズ5thライブ大阪公演はLVで参戦したのですが、今回のように真礼さんソロのイベントは真礼さんの2ndライブ以来でした。
4月にこの夏のライブの開催が発表され、そのための軍資金を貯めるために、大学生になったので人生初のアルバイトもはじめました。自分で稼いだお金を自分が大好きな内田真礼さんに使うことができて嬉しかったことを覚えています。
その甲斐あって無事に東京公演、大阪公演両日チケットが当選したときの喜びもよく覚えています。

 

僕は内田真礼さんが大好きです。ガチ恋を少しこじらせているため、たまに辛くなるときもあるけれど、それ以上生きる希望を真礼さんからもらっています。
これからも声優として、アーティストとしてさらなる活躍を期待しています。そして僕は応援という形で、真礼さんの活動に少しでも力になりたいなと思っています。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

次は7/29(土)の大阪公演です!野外ライブとはまた違ったライブになることでしょう、今から楽しみです。

個人的にはキャラソンとかアニメの主題歌カバーしてくれたら嬉しいな…(小声)

 それでは!

 

はじめまして

どうもこんにちは。

とら、と申します。普段は声優さんのオタクをやってます。(2017.7月現在)

 

大学生になって自分も何か発信したいな、ということでこの度ブログをはじめることにしました。

 イベントやライブの感想やふと思いついたことを書いていこうと思います。

 

はじめたばかりでつたないところもあるかと思いますが、ブログを通して文章力を磨いていきたいです。よろしくお願いします。